用語集(検索と一覧)

ホーム > 献血の知識 > 用語集 > GVHD(graft-versus-host disease:移植片対宿主病)

GVHD(graft-versus-host disease:移植片対宿主病)

GVHDは日本語では移植片対宿主病といいます。白血球は自分以外を敵と見なして攻撃する性質を持っています。移植されたドナーの造血幹細胞がうまく患者に生着すると、患者の体の中をドナーの白血球が回るようになります。すると、このドナーの白血球にとっては、患者の体は「他人」とみなされますから、免疫反応を起こして患者さんの体を攻撃してしまいます。この現象による病気をGVHDといいます。移植後早期に起こるものを急性GVHDといい、皮疹、下痢、肝障害などを来たし、重症になると多くの内臓に障害が生じます。移植後100日をすぎて、場合によっては数年に亘って生じるものを慢性GVHDといい、皮膚症状、目の乾燥、口内炎、肝障害など多彩な症状がでることがあります。HLAの型が合っていない場合や、血縁者以外からの移植の場合にGVHDの頻度が高くなることが知られています。一方、GVHDが生じることで、ドナーの白血球が体に残っている腫瘍細胞を攻撃してくれるという効果も知られています。またGVHDは輸血によっても発症することがあり、移植後GVHDと区別するために輸血後GVHDと呼ばれています。輸血後GVHDは輸血1~2週間後に発熱・紅斑が出現し、少し遅れて肝障害・下痢・下血等の症状が続き、最終的には骨髄無形成・汎血球減少症を呈し、致死的な経過をたどります。輸血後GVHDは、輸血用血液に放射線を照射しリンパ球の増殖能を壊してから輸血することで予防が可能です。 =移植片対宿主病

 

前のページへ戻る

↑このページの先頭へ